30代40代50代カサカサ乾燥肌、ヒリヒリ敏感肌の化粧水

MENU

30代乾燥肌には、こんな化粧水

30代になると多くの女性が、20代の時には感じる事がなかった肌の変化を感じるようになります。
今までのスキンケアの仕方や、元々の肌質なども多少は関係してきますが、30代に差し掛かる頃から、肌が乾燥しやすくなります。
あまり考えたくは無い事ですが、これも老化現象の始まりなので、スキンケアを見直す時期と考えましょう。

 

30代は年齢だけでなく、多くの女性が結婚や出産など、環境の変化に影響されやすい時期とも言えます。
このためストレスなども加わり、肌の乾燥を促進させてしまうのです。
どのような変化を実感するかは個人差もありますが、例えばメイクを落とさずに寝てしまった場合、翌日の肌へのダメージが大きくなります。
20代では1日くらいメイクを落とさずに寝てしまっても、すぐに取り戻せたはずなのに、30代になるとダメージを回復するにも時間がかかるようになります。
乾燥が進めば肌荒れを起こしたり、肌のキメが乱れて毛穴が目立ってしまったりと、目に見える変化も感じるようになります。

 

化粧品は年齢に合わせて変えていく事が大切なので、30代になり肌の変化を感じたら、化粧品を変えてみましょう。
30代に必要なのは今までよりも丁寧な保湿です。
ただし今までの化粧品が肌質に合っていたので、化粧品を変えると肌荒れを起こさないか心配だという人もいると思います。
化粧品のメーカーは同じでも、年齢に合わせたシリーズがありますので、そういうものを選ぶのもポイントです。

 

ランキングサイトはこちら

30代40代50代向け乾燥性敏感肌化粧水のランキング

40代敏感肌には、こんな化粧水

40代になると、今まで以上に肌の乾燥を感じるようになってきます。
これも老化現象の一種なので、誰にでも起こりうる事ですが、敏感肌の人は特に注意が必要です。
というのも敏感肌の人は普通肌の人よりも、肌のバリア機能が弱く、少しの刺激でも大きなダメージを負ってしまうからです。
例えば紫外線の強い季節にうっかり日焼けをしてしまった時、普通肌の人は肌を冷やし、美白化粧品でケアしていればなんとか対処できます。

 

敏感肌の人が紫外線の強い時期に日焼けをしてしまうと、ダメージが大きくなるので美白化粧品が効かない事もあります。
日焼けは軽いやけどと同じ状態なので肌が炎症を起こし、メラニンが過剰に生成されシミや色素沈着が目立ちやすくなります。
紫外線は肌を乾燥させますから、保湿ケアも念入りに行いましょう。
日焼け止めはもちろん欠かせませんが、日焼け止めの成分が肌に負担をかける事もあるので、成分はよく見極め刺激や負担をかけない物を選びます。

 

日焼けをした日は特に念入りにスキンケアをしましょう。
火照りを感じる場合は先に冷やしておきます。
いつものスキンケアも念入りに行いますが、化粧水はパックを使うと浸透力が高まるのでパックもオススメです。
敏感肌の人は肌が乾燥しやすいので、保湿力の高い化粧水を選ぶのもポイントです。
日焼け後のヒリヒリは仕方ない部分もありますが、それ以外でヒリヒリする場合は刺激が強いのかもしれません。
より低刺激な化粧水に変えてみるのもいいと思います。

 

50代乾燥肌には、こんな化粧水

50代になる頃には、20代の時と比べて肌の水分量は半分以下になってしまうと言われています。
40代よりもさらに乾燥が進むので、50代になったら年齢に合わせて化粧品の見直しが必要になります。
たった10歳と考えがちですが、40代と50代では肌質も見た目に違いがわかるほどです。
人よりもスキンケアには気を使っているという人でも、50代になると見た目にも衰えが目立ってきます。

 

化粧品は年齢に合わせて見直す事が大切ですので、10年毎に化粧品を見直し、自分の肌には何が必要なのかも知っておきましょう。
普通肌だったという人も、50代になると乾燥肌になっている事があります。
化粧水も肌質に合わせて選びますが、思い込みで選んでしまうと潤い不足になる可能性もあるので、必ず肌に合った物を選びます。
自分ではわからない場合は、サンプルをもらい使い分けてみるか、売り場の美容部員に聞いてみるのもいい方法です。

 

メーカーによっては無料で肌質チェックをしてくれる場合もあるので、自分の肌質や肌の状態、肌が何を求めているのかを知るいいチャンスです。
50代ではターンオーバーも乱れがちなので、シワも目立ち始めます。
50代になったら40代よりもより濃密でコクのある、リッチな化粧水を使ってください。

 

コラーゲンやヒアルロン酸も肌の潤いを維持するのに欠かせません。
より贅沢なプラセンタ、EGF、フラーレンなどアンチエイジング効果の高い美容成分を選ぶのもおすすめです。
保湿以外にもシワ対策に効果的な成分を選びましょう。

 

更新履歴